低刺激の化粧水を使った正しいスキンケアのポイントと注意点

多くの女性が悩んでいるのが乾燥肌や敏感肌です。
正しいスキンケアの知識を身につけて、お肌を回復させることが大切です。

 

乾燥肌を放置するとシミやしわの原因にも

 

敏感肌や乾燥肌はキメが乱れたり、肌のバリア機能が低下している状態です。
健康な肌は紫外線や雑菌などの外部刺激から自然にお肌を守りやすくなります。

 

でも敏感肌や乾燥肌に陥っていると、バリア機能が低下して紫外線などの外部刺激をもろに受けやすくなっています。
外部刺激だけではなく、内側に存在する潤い成分も蒸発しやすくなり悪循環で肌がカサカサになります。
しわの原因の一つはお肌の内側の潤いが不足することにあります。

 

例えば風船も空気が抜けてしぼんでくると、シワシワになりますよね。
お肌に水分が充足した状態であれば、ハリがあってしわが目立たない状態をキープできるのです。
紫外線がお肌に侵入することでシミの原因のメラニンを生成してしまいます。
バリア機能が低下していると、シミができやすくなるのはこのためです。
アンチエイジング用に色んな成分が配合された基礎化粧品も多いですが、まずはお肌の状態を回復させることが先決です。

 

化粧水だけではなくトータルでお肌のケアを考える

 

お肌のバリア機能が低下する大きな要因として洗顔やクレンジングが考えられます。
しっかり洗顔やクレンジングをしないと、シミやしわの原因になると考えて必死で朝晩洗っている女性も多いです。
特にチューブに入った洗顔フォームを使っている方は、洗顔の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
石油系合成界面活性剤が入っていると、とても強烈に皮脂を取り除くのでまだ新しい必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

 

結果的にターンオーバーが乱れたり、肌トラブルの低下を招きます。
クレンジングに関してもシートタイプの拭き取り用は、とても刺激が強いです。
旅行の間だけなど限定的に使うのは良いですが、日常的に使うと肌ダメージが強くなるので注意が必要です。
洗顔をやり過ぎずに肌を休めることで、肌が回復することも多いです。
低刺激の洗顔せっけんに替えたり、泡洗顔の回数を減らすなどしてお肌に回復する時間を与えましょう。

 

顔の常在菌を大切にする

 

昔の人は洗剤で顔は洗わず、熱いお湯で表面に蓄積した余分な皮脂だけを取り除いていました。
洗剤で顔を洗う文化はここ数十年に限ったことで、歴史的にはとても浅いのです。
ですが現代女性はメイクをしっかりするのが当たり前の文化なので、洗顔やクレンジングをやめるのは難しいことです。

 

元々、顔には必要な常在菌が備わっていて、洗顔をすることで洗い流してしまっているのをご存知ですか。
お肌にはおよそ20種類の常在菌が存在しています。
全身では数百億個もの常在菌が生息していて、お肌を守る役割をしています。
常在菌は雑菌と思われがちですが、お肌に有効な働きをする菌も存在します。
表皮ブドウ球菌は人によっては顔だけで数億個もいますが、とても良い存在で美肌菌とも呼ばれています。

 

一方で肌荒れやアトピー性皮膚炎を起こす原因は、黄色ブドウ球菌です。
悪者の黄色ブドウ球菌を退治する抗菌ペプチドを産生してお肌を守るのが表皮ブドウ球菌です。
でも洗顔をすることで良い菌の表皮ブドウ球菌まで洗い流してしまい、お肌が元の良い状態に回復するまでに半日かかると言われています。

 

洗顔フォームの界面活性剤で強力に洗い流すことで、表皮ブドウ球菌まで強力に奪い去ってしまいます。
ですからお肌のキメが乱れていると感じるときには、洗顔を軽くぬるま湯で洗う程度にするのがお勧めです。
メイクも仕事の日は仕方ないにしても、週に何度かはすっぴんで過ごしてお肌を休めるのがベストです。

 

低刺激の化粧水はお肌のバリア機能を改善するタイプを選ぶ

 

洗顔を見直したら刺激の少ない化粧水を使って、朝晩のお手入れをしましょう。
低刺激の化粧水は、セラミドなどのお肌のバリア機能を回復するタイプを使うのがコツです。

 

またヒアルロン酸やコラーゲンなどの元々お肌に存在する成分も一緒に補うと効果が期待できます。
いくら化粧水だけを低刺激にしても、洗顔やクレンジングなどのお手入れを間違えるといつまでもお肌が回復しません。

 

また乳液も保湿効果が高いものを選び、お肌の刺激になる成分が含まれないものを選びましょう。
人のお肌はそれぞれ違いますから、口コミで他の方が合うとか合わないと言っても必ずしも自分に当てはまるとは限りません。
ですから自分のお肌に合わない成分はなるべく突き詰めて、次に基礎化粧品を購入する際には含まれないものを選ぶのが最善です。

 

ピーリングジェルを使う

 

せっかく良い化粧水を使っても、お肌がゴワゴワして乾燥して、化粧水を吸わないと感じることがあります。
ピーリングジェルはお肌に蓄積した古い角質を取り除くのに有効です。

 

乾燥しているのにさらに角質を取るなんてと思う方も多いと思いますが、意外に効果が出る場合もあります。
洗顔せっけんや洗顔フォームできっちりと洗うよりも、ぬるま湯のみで洗う頻度を上げて、時々ピーリングをするとお肌が回復します。

 

つまり泡洗顔の回数を減らして、月に何度かピーリングをするという考え方です。
お肌の角質や常在菌を保つことを意識しながら、低刺激の化粧水を使うことでお肌が回復する場合も多いです。
私たち女性はメディアなどで間違ったスキンケアを正しいと思い込んでいる場合も多いです。
正しいと思っていたスキンケアの知識を、もう一度見直してみることも大切です。

 

エタノール配合の化粧水をやめて、セラミド配合の化粧水にするとヒリヒリ感が無くなる場合が多いです。
もし化粧水だけで回復しない場合には、洗顔や乳液なども合わせて見直してみましょう。